建物

坪単価を知っておトクに事務所を探しましょう!

5年 ago first 坪単価を知っておトクに事務所を探しましょう! はコメントを受け付けていません

オフィス探しの難しさ

オフィスを探すのは一般的な生活用の住居を探すのと様々な場面で異なります。
物件の面積も異なりますし、使い方も異なります。
また、月々の賃料についても一般的な物件の価格とは異なるためにイメージがしにくいものです。

また、スケルトンの物件であれば全く何もないところにオフィスを作っていくためにその内装イメージも考える必要があります。
人や荷物が入ったら必要な面積なのか不安が出てきて思わず大きい物件を選びがちです。

しかし、物件が広くなればそれに伴い賃料も高くなるものです。
その賃料が一般的な表現とは異なり坪単価として表現されるためにさらに混乱を招くことがあります。

坪単価で比較する

坪単価とは名前の通り一坪あたりの賃料です。
1坪の広さは、約3.3平方メートル、畳2枚分のことをさします。

坪単価で表現をされると、その都度敷地面積を掛け合わせて賃料を求めなければならず面倒に感じるものです。
しかし、坪単価を用いるのはその建物のグレードやお得感を比較するために有効であるためなのです。

オフィスを探す場合、ある程度希望する面積は決まっていても全ての物件が同じ大きさとは限りません。
そうすると、広さが違えば賃料が変わってくるのは当然であり、その差の比較をするために坪単価で表現をするのです。

坪単価を決めるもの

坪単価の価格を決めるのは土地代です。
内装が凄かったり設備が充実しているという理由で坪単価が高いとされている物件はないのです。
これは、借りた人が内装や設備を充実されれば良いだけのことだからであり一般的には土地の価値で坪単価は決まるのです。

そのため、都心であったり液が近かったりすれうば自然と坪単価は高くなります。
逆に、郊外であったり少し不便な場所であれば、単価が安い上に借りる人が出るようにと設備や内装にこだわっているケースもあります。