らしさがあふれるWACULのオフィスデザイン

2年 ago howto-jimusyo.net らしさがあふれるWACULのオフィスデザイン はコメントを受け付けていません

近代的なデザインが特徴の、WACUL

人工知能を使って、自動的にWEBサイトを分析するサービスなど、便利で使い勝手の良いサービスを打ち出している会社として知られているのが、株式会社WACUL(ワカル)です。
日々、デジタルでわかりやすい、人々が便利にシステムを使えるように様々な業務を打ち出す企業として知られています。

そんなWACULですが、非常に近代的でモダンな雰囲気のオフィスが特徴的で、洗練されたデザインが魅力と言えるでしょう。
エントランスはガラス張りで中が見えるようになっており、外側から社員の様子が来客者に伝わるような工夫が施されています。

WACULの企業ロゴのアイコンとして知られる三角形をモチーフに、床面やガラス、壁に至るまで、有りとあらゆる所が洗練されたデザインになっているのが特徴です。
ですが決して押しつけがましくなく、見ていてただただその洗練された美しさに圧倒されてしまうような、計算されたデザインが、特徴的と言えるでしょう。

エントランスを抜けた先にある会議室には、なんとドアノブに取っ手がありません。
まるで1つの箱のように、曲線的なデザインが特徴で、非常に近未来的な空間作りに一役買っていると言えるでしょう。

各種おしゃれ過ぎて感動してしまう方が多いほど、洗練された、余計な物が何一つ無いオフィス環境が、WACULの魅力として知られています。

こだわりのコラボレーションスペースは自由に活用

WACULには、コラボレーションスペースと呼ばれる自由に使えるスペースが用意されており、各々、その時の気分でスペースを使えるでしょう。
テーブルにカウンター、ソファータイプまで、その時の状態に合わせて活用できるスペースが用意されていますので、気分によって座る場所を変えても楽しめるでしょう。

こちらのコラボレーションスペースは社員のディスカッションスペースとしても活用されており、オープンな環境の中、アイデアをお互い出し合うことが出来ます。
電源も確保されていますので、充電をしながら、電源を使いながら、各々の時間を使うことが出来るのも、このスペースの魅力です。

オフィス全体から無駄を一切取り除いて、合理的、近代的な雰囲気に仕上げたのが、WACULのオフィスになります。
とはいえ地味なわけでは無く、三角モチーフのベンチなど、あくまでおしゃれにもこだわりを持つデザイン性、インテリア性が、洗練されたアイデアを生み出すと言えるでしょう。

全体的に、角が丸みを帯びている三角モチーフを活用する事で、角ばりすぎずに温かい雰囲気を作る事にも成功。
長時間居てもストレスにならない所か、何だか心地良い時間を堪能することが出来るのが、WACULの特徴として知られています。