NYブルックリン風にまとめたセレスのオフィスデザイン

3年 ago howto-jimusyo.net NYブルックリン風にまとめたセレスのオフィスデザイン はコメントを受け付けていません

まるで海外に来たかのようなオフィスが特徴の、セレス

まるで海外に来たのでは無いかとつい勘違いをしてしまうような、とてもおしゃれなオフィス空間が広がって居るのが、セレスです。
スマホアプリ事業を初めとした数々の事業を展開し、今では、ネット大手企業として注目されているセレスでは、NYブルックリンスタイルオフィスが特徴とされています。

セレスではその名の通り、NYのブルックリンスタイルをお手本にオフィスデザインが施されており、非常におしゃれな環境で、仕事を出来るでしょう。
表参道にふさわしい、圧倒的おしゃれオフィスとして、働く人のセンスも磨かれる、実におしゃれに満ちあふれた環境として知られています。

各種至る所にブルックリンスタイルらしいこだわりが

セレスの入り口を入った段階で、NYのブルックリンスタイルと言われる理由がわかります。

レトロ煉瓦が使われた落ち着いた色合いを基調とした壁面に囲まれた室内は、まるでワインセラーに入り込んだかのような、暖かみのある色調が特徴です。
そのまま進むと、NYのブルックリンスタイルに完全に溶け込んだ赤電話を発見。
こちらの電話はおもちゃではなく、実際に担当者を呼ぶための受付電話ですので、こちらを使って入っていきます。

もちろん、入り口から見える部分だけが、ブルックリンスタイルではありません。
エントランスの右手にある待合スペースには、カントリー調のソファと棚が置かれた空間があり、棚には数々のヴィンテージグッズが並びます。
非常に芸が細かい、ついつい見入ってしまうようなレトログッズまで、幅広く飾られており、ついつい時間を忘れて没頭してしまうでしょう。

更にオフィス部分にもこれらの演出は続きます。
コンクリートブロックに直接書かれた案内図、会議室のシンプルな数字の書かれたレトロなドア、カフェスペースに至るまで、全てがNYのブルックリンスタイルです。
右を見ても左を見ても楽しめる、非常におしゃれな空間を堪能出来るスポットと言えるでしょう。

オンとオフをはっきり切り替えられる、近代的なワークエリア

ワークエリアは、従業員がきっぱりとオンオフを分けられるように、唐突に近代的で現代的なオフィスに早変わりするのも、セレスの特徴です。
ホワイトを基調とした衛生的で機能的なオフィスを見るだけで、気持ちを引き締めて頑張れるという社員が少なくありません。

仕事をする時はしっかりと、休むときはとにかくリラックスして、というように、切り替えを非常に大事にしているのが、セレスの大きな特徴です。
効率を重視したワークスペースも、働きやすい環境が整っており、日々の業務をパキパキとこなすにはもってこいのスペースと言えるでしょう。