内装

内装工事の初期費用はどのくらい?

5年 ago first 内装工事の初期費用はどのくらい? はコメントを受け付けていません

事務所の引越しにはお金がかかる

事務所を引っ越ししていくにはたくさんのお金がかかります。
オフィスの賃料もありますし、自分たちの仕事の形態にあった内装にするための改装も必要です。

また、転居前のオフィスの現状復帰も必要です引っ越し費用も必要です。
場合によっては使えない家具や家電が出てきて新たに購入する必要のある商品が出てくることもあります。

このようにたくさんのお金がかかってしまう事務所の引越しをするのは費用が捻出できるのか不安になることも多いものです。
しかし、内装費用というのは業者によって価格が様々ですから相場を知っておくことで妥当な費用で施工してくれる業者を見つけられるようになります。

内装の相場の考え方

内装の坪単価は30万円から40万円であると言われています。
もちろん、内装の内容によって金額は変わってくるものです。
しかし、このくらいの相場であるということを知っておけば、出された見積もりに対して妥当か否かを考えやすくなります。

この計算をすれば、単純に坪数をかけることで相場としての費用が計算することができます。
30坪の事務所を借りるならば、30万円×30坪で900万円が目安となります。
改装がほとんど必要なければこれよりも抑えられますし、逆に床や壁の素材にこだわってグレードをあげれば単価は高くなります。

グレードでの単価の変化

限られた予算の中であっても少しでも良い素材を使いたい、少しでも理想に近付けたい、というのは誰もが思うことです。
こだわるところ、妥協するところを上手に使い分けて予算の範囲内、場合にいよっては予算を大きくしたまわりなおかつ満足できる仕上がりにしたいものです。

床材は使う素材で大きく価格が変動するものです。
ビニル系のリーズナブルな素材は坪単価20万円から30万円ですが、タイル中でも大理石タイルのような高級素材は坪単価が50万円から60万円と大きな差が出て来ます。
場所によって使い分けたり、中間の金額の素材を用いたりという工夫が必要な場所です。

壁はクロスを貼るのが一般的ですが、クロスにも価格差があります。
しかし、坪単価が数千円しか差が出ないので、少しでも気にいる素材を選ぶべき場所です。

ただし塗り壁はかなり単価が上がるので注意が必要です。
塗り方や素材によっては坪単価が15000円ほど値上がりします。

見積もりの注意点

見積もりが出て来たら価格だけでなくその内容もチェックすべきです。
中には「諸経費」や「壁一式」と言った曖昧な表現をしている業者もあります。
この曖昧な表記には何が含まれているのかを確認する必要があります。

後からこの曖昧な表記に含まれていないものがあると追加されて予算を大幅にオーバーすることもありますし、無駄な費用があらかじめ含まれてしまっていることもあります。
もめないためにも細かな内訳を必ず確認しておくことが重要です。

少しでも経費を抑えるためには複数の見積もりを出すことが重要です。
その際には必ず両者に同じ内容、条件で見積もりを取ってもらうこと、デザイン案はむやみやたらに他社に見せないことを守る必要があります。

もしも一貫して工事を行ってもらえるところで予算を大幅にオーバーするようなら面倒ですが。各専門業者に依頼すると予算が抑えやすいです。
これは、専門業者の方が施工費用がリーズナブルなだけでなく費用を抑えるノウハウを持っていることもあるためです。