自宅にいるような感覚を与えるLIGのオフィスデザイン

3年 ago howto-jimusyo.net 自宅にいるような感覚を与えるLIGのオフィスデザイン はコメントを受け付けていません

笑いが絶えない遊びながら働くオフィス、LIGオフィス

社長を砂に埋めるというストーリー展開を使ったコーポレートサイトで一躍人気を集めた、LIGオフィス。
そんなLIGオフィスは、コーポレートの話を聞いてわかるように、従業員全員が、まるで小学生のように楽しみながら働けるオフィスを用意しているのが特徴です。

とにかく遊ぶようにして働く事をモットーに、各社員の皆さんは、写真越しでもわかる程の、生き生きとした姿が魅力として知られています。
これは従業員の皆さんが元々とても魅力的という事も有りますが、やはりそうなった一番の理由は、オフィスの工夫にあるでしょう。

遊ぶように働く事が出来る環境を作る為に、LIGオフィスではこのような工夫が取入れられています。

オンとオフを切り分けない、仕事が終われば何をしてもOK

LIGオフィスではモチベーションの維持と面白いアイデアを排出し続けるために、堅苦しい企業理念を一掃。
オンとオフを切り分けないをコンセプトに、仕事が終われば仕事時間中に何をしてもOKとされているほど、非常に自由なオフィスとして知られています。

そんな企業理念を具現化した存在が、マンガ棚です。
オフィス内には、数々のコミックスが用意されており、仕事時間中でも読んで構いません。
社員が持ち寄った私物のマンガが収納されており、仕事の際にマンガの表現が活用できるような場面も多くあると言われています。

ダーツ台やお菓子、飲み物が置かれた冷蔵庫に、ソファーやテレビが設置された、まるで自宅のような多目的スペースまで用意されているほど。
更に多目的スペースでは、スーパーファミコンなどのレトロゲームから最新ハードまで、多種多様のゲーム機、ゲームを用意。
従業員同士で対戦をして遊ぶ事も多く、比喩表現抜きで、遊んで仕事をする環境が整っていると言えるでしょう。

根を詰めて働くのではなく、それぞれがそれぞれに好きなように仕事をした上で、きっちりと決められた期日までに仕事を終えてくると言う、破天荒なスタイルが魅力のオフィスと言えるでしょう。

米支給で炊きたてご飯を食べられる

なんとLIGオフィスでは炊飯器が用意されており、希望があれば、炊きたてのお米を食べることも可能です。
もちろん、コンビニなどでお昼を買ってきたり、お弁当を持参する方も少なくありませんが、お米は会社から支給される事も有り、米好きな社員も多く居るのが特徴といえるでしょう。

このように、食に関しても非常にアットホームな、ゆったりとした環境で仕事が出来るのが、LIGオフィスの特徴です。
友達の家に遊びに来たかのような、自分の家に居るかのような感覚で、楽しく仕事をする事が出来るのが、魅力として知られています。