自販機

社員に人気の「オフィスコンビニ」とは

4年 ago first 社員に人気の「オフィスコンビニ」とは はコメントを受け付けていません

新サービスのオフィスコンビニ

最近、新しいシステムとしてオフィスコンビニというのが流行しつつあります。
まだ新しいサービスであるためにその仕組みを知らない人も多いですし、似たような業者も複数あります。

契約をしてから少しイメージしていたものと違ったと思っても契約期間の都合でしばらく取りやめることができなかったり違約金を支払うことになりロスを生むこともあります。
また、利用するにあたってはメリットもありますがデメリットもあるために注意が必要です。
そこで、ここではオフィスコンビニがどのようなものであるのかと、その利用の注意点を紹介していきます。

オフィスコンビニのメリット

オフィスコンビニというのは、コンビニで取り扱われているような飲み物や食べ物を自社のオフィス内の自動販売機で購入をすることができるサービスです。
コンビニまで行かなくても、コンビニで購入するようなものがオフィスで手に入るということで便利だとされています。

コンビニのものを購入するとなると、朝の通勤時や昼の休憩時にコンビニに行くことになります。
朝はコンビニも混雑していることも多いですし、余裕がないことも多いです。

また、昼の休憩時も同様にコンビニに足を運ぶ人が多くいます。
そうするとコンビニの行き来に時間を取られると休憩時間が短くなり満足に休むことができなくなります。
場合によっては、そのコンビニの利用者が多くいたためにせっかくいっても食べたいものが売り切れてしまっているということもあります。

オフィス内でコンビニがあればそのような手間や煩わしさを回避することができます。
移動が短くて済み、なおかつコンビニと同じようなものがあまり並ばず買えるというのはとても便利でありがたいことです。

他にも、オフィスコンビニは多くの場合にはコンビニで購入するよりリーズナブルなので節約効果もあります。
そして保存のきくお菓子やカップラーメンといったものは災害時のための備蓄にもなります。

オフィスコンビニのデメリット

デメリットとして定期的に業者が入るためにセキュリティの不安が出てきます。
また、お菓子が手軽に入手できるようになることで業務中にも食べてしまうことがあり、仕事と休憩が曖昧になる可能性があります。
他にも代金の支払い方法として、利用者が自己申告で支払う場合が多いため未納が発生することもあります。

オフィスコンビニの導入方法

オフィスコンビニを利用することを決めたら設置業者に問い合わせをします。
従業員人数などの規定をクリアしていれば、担当者とスケジュール調整をしてオフィスコンビニを設置します。
設置する物によっては冷蔵庫を設置することもあるので、コンセントの確保も必要なことがあります。

設置をしたら実際に使用をしていきます。
定期的にサービス元が商品の補充に来てくれるので、各自が必要な時に必要なものを購入して利用をしていきます。