コーヒー

オフィスで出すコーヒーにこだわってみては?

4年 ago first オフィスで出すコーヒーにこだわってみては? はコメントを受け付けていません

オフィスで美味しいコーヒーを飲む

大人になれば大多数の人がコーヒーが好きだというものです。
コーヒーの苦味というのは大人になるにつれて美味しさのわかるものであり、仕事中のリフレッシュや集中力アップ、眠気防止といった効果も得られます。

多くの会社員は一日の大半を会社の中で過ごします。
8時間近く、場合によっては残業をして10時間と社内にいて仕事をしていれば、途中で休憩も必要なものです。
そこで、最近ではオフィス内で美味しいコーヒーが飲めるようカフェスペースを設けたり社員向けにコーヒーサーバーを用意する会社が増えています。

オフィスでのコーヒーの飲み方

オフィス内でコーヒーを提供する方法にはいくつかあります。
まずは給湯室にコーヒーサーバーを設置する方法です。
社内の経費で用意した道具を用いて、自分の席で自由にコーヒーが飲めるようにする方法です。

もう少し本格的なものをと考える場合には、コーヒーを淹れる場所と合わせて休憩スペースを作ってフェスペースを儲ける方法があります。
休憩としてカフェスペースでコーヒーを飲みながら同僚や上司・部下との会話をしてリフレッシュをしたり、簡単な打ち合わせをコーヒーを飲みつつ行うということもできます。

オフィスコーヒーの選び方

オフィスコーヒーを楽しむとしても、オフィス向けのコーヒーを卸している業者もいくつかありますし、その内容もいくつかあります。
そこで、従業員の数や男女比、様々な特徴から自社にあったものを選ぶことが重要です。

まずは手軽にコーヒーが飲めることが重要ならば自動販売機を用いることがオススメです。
種類が多く、ボタンを押しさえすれば飲むことができますし、メンテナンスも業者がしてくれるので簡単です。

また、料金を自分で払って飲むので、飲んだ人がその分多く支払うということで社内での不公平が生まれない点でも便利です。
福利厚生の一環として、外の自動販売機よりも少しリーズナブルにしておく企業が多いです。
ただし注意点としてスペースの確保や電源の確保ができないケースもあります。

社員にも来客にも本格的なコーヒーを味わいたい、という場合にはドリップコーヒーのレンタルシステムを利用するのがオススメです。
一杯抽出タイプの物であれば、味もいくつかある中からその人が飲みたいものを選んで淹れることができます。
ファミレスのドリンクバーにあるようなエスプレッソマシンを導入するのも一つの方法です。

もちろん、あらかじめコーヒーをたくさん抽出するタイプのものを活用するのも有効です。
特に味にこだわりなく皆が毎日たくさんコーヒーを飲むという場合にはこれがリーズナブルであり便利です。