お茶

給茶機を置いて社員の満足度を上げよう

4年 ago first 給茶機を置いて社員の満足度を上げよう はコメントを受け付けていません

給湯器の必要性

オフィス内に給湯器がなかったとしても、各自が必要に応じて飲み物を持参すれば対応ができます。
しかし、せっかくならばオフィスでも冷たいものや温かいものが飲みたいと思うものです。
そのような時のためにオフィス内に給湯器があればと思う人も多いものです。

給湯器があれば、従業員が好きなタイミングで好きなものを飲めるのはもちろんお客様にも提供をすることができます。
種類も様々なものがあるので、会社の状況に応じて合ったものを導入するとたくさんのメリットを生み出すものになります。

給湯器の種類

給湯器というのはお茶、水、ソフトドリンクといったものを提供する装置でフードコートや携帯ショップのような待ち時間のかかる場所で多く目にします。
水のみのウォーターサーバーから、コーヒーやお茶が飲めるもの、冷たいものと温かいものとが飲めるものと様々なタイプがあります。

どのようなタイプにするのかは、利用する人たちによって変わって来ます。
社員数が多くたくさんの人が利用するならば種類が豊富な方が良いですし、少人数の社員のオフィスならば一人当たりの負担が軽減できるようにコストのかからない少ない種類のものの方が望ましいです。

また、設置する場所によっては機能よりも見た目を重視することも必要です。
オフィス内の従業員しか見えないところであればどのようなものでも気になりませんが来客者も利用したり人目に着く場所に設置するならば、見た目もよく動線の邪魔にならないものを選ぶ方が望ましいです。

導入時の注意点

給湯器を導入するにあたってまずは利用する人たちとその頻度を考えることが重要です。
導入して長期利用が見込め、なおかつたくさん利用する場合には買い取る方がお得ですし、導入して見なければ様子がつかめない場合にはレンタルが望ましいです。
少しでもランニングコストを抑えて負担なく利用できるよう、複数社のものを比較検討して合ったものを選ぶことが重要です。

また、設置場所もよく考える必要があります。
水道に直接繋いで給水するものの場合には近くに水道が必要ですし、自分で水を汲むタイプのものであれば水道からの動線も考える必要があります。

また、工事や設置スペースの問題、コンセントの問題についても考える必要があります。
もしもわからない場合には見積もりを出してもらう時に設置可能場所とそのイメージを相談するのがおすすめです。