物件

オフィス探し中によく見かける「居抜き」「スケルトン」って?

5年 ago first オフィス探し中によく見かける「居抜き」「スケルトン」って? はコメントを受け付けていません

居抜き物件やスケルトン物件

新しくオフィスを探す時に、物件の紹介欄に居抜きやスケルトンという文字を目にすることがあるでしょう。
これは、賃貸用語でありどちらも借りることができる物件ではあるものの、その中身が異なって来ます。

借りた際に、スケルトンと居抜きとではその状態が異なるために、そのあとの改装計画や出店計画にも変更が出て来ます。
そこで、しっかりと言葉の違いを理解した上で借りることが大切です。

2つの違い

居抜き物件というのは前のテナントの内装をそのまま引き継ぐものであり、スケルトン物件というのは全く何もない状態から借りるものです。
まず、居抜き物件であれば、同業であればある程度の内装が整った状態で引き受けることができるので低予算で開業ができ、なおかつ工事期間も短縮できるので早く営業を始めることができます。

それに対してスケルトン物件は何もない状態であるために必要なものを全部揃える必要もありますし、内装も手を入れる必要があります。
その反面、コストや時間はかかっても全てを理想通りのものに仕上げることができますし、新品の状態からの開業ができるので気持ち良いスタートもきれなおかつ設備管理もしやすいです。
>>スケルトン物件と居抜き物件の違い – 美容室開業・エステ・ネイルサロンの独立|サロン開業経営チャンネル

どちらにも良い点、悪い点があり自分の開業する業種や、予算、準備期間の長さといったもので自分たちにあったものを選ぶ必要があります。

居抜き物件の気をつけるべき点

居抜き物件は少ない準備期間と予算で開業できるのがメリットですが、デメリットもあります。
まずは元のレイアウトの変更がしにくい点です。
すでにできているものを壊して新しく作るため、周囲を壊さないよう配慮する必要もありますし、場合によってはスケルトンよりもコストがかかることもあります。

また、前のテナントの印象を引き継ぐことが多いので、前のテナントの評判や撤退理由によっては自分たちも影響を受けてしまうことがあるかもしれません。
そして、セットされている機材が新品ではないために、すぐに壊れてしまうことも考えられます。
引き継ぎ後のトラブルは自分で費用負担することになるので説明書や保証書の有無を確認したり製造年を事前に確認しておきましょう。

物件の探しかた

スケルトン物件も居抜き物件も市場に出回っており、専門に取り扱う業者もあります。
そこで、どちらが良いかを決めかねている人はまずは不動産業者のホームページを見て物件の様子を確認して相場理解をすることから始めるのがベストです。

物件情報というのは日々更新されます。
良い物件であれば、すぐに借り手がつくため日々チェックし、賃貸物件の希望条件をあらかじめ整理しておき気になる物件があればすぐに行動に移せるようにして置くことが理想的です。